丹澤工務店の
心地よい家づくり

お客様に喜びと感動を家族みんなの笑顔のために

あなたの夢、お聞かせください。家は毎日を過ごす場所。心地よい空間であってほしい。

丹澤工務店では、お客様が思い描く希望やライフスタイルをカタチすることを大切にしています。
最初のお打合せは、まず「どんな毎日を過ごしたいですか」からスタートです!
家は毎日の生活の場です。
人生の多くの時間を過ごす場所であり、家族が共有する空間でもあります。
丹澤工務店の打合せは、一緒に夢を描き、そしてそれをどう実現するかの作戦会議です。
家づくりは大変な作業でもありますが、人生でも大きなイベントの1つ。
お客様にとって「大変だけど、楽しい家づくりだった!」と感じていただけるよう、精一杯取り組ませていただきます。

高性能住宅への取組み高性能住宅『ZEH仕様』の家づくり

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略です。
断熱・省エネ・創エネで家のエネルギー収支をゼロにすることを目指した住まいのこと。
「2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標が設定されています。
エネルギー自給自足ができる快適な住まいZEHが、これからのスタンダードになると考えられています。

高気密・高断熱

断熱内部に結露を発生させない高性能な断熱材パネル(スーパーウォール)を採用し、部屋間の温度差や上下の温度差が少ない、魔法瓶のような空間をつくりだします。断熱性の高い家は外気温の影響を受けにくいため、一年中快適な室内温度を実現します。冬場のヒートショックの心配も少なくなります。さらに、瑕疵保証(10年間)では保証されない断熱材内部の結露による劣化を35年間保証。安心して長くお住まいいただける家づくりをおこなっています。

省エネ

断熱性能に優れた高性能住宅は、冷暖房費を大幅に削減することができます。住宅の中で最も熱の出入りが大きい場所は、窓・ドアなどの開口部です。夏場は外の熱が窓やドアから入り、冬場は窓やドアから暖房の熱が逃げていきます。開口部の断熱性をあげることが部屋全体を効率的に冷やしたり、温めたりするために重要になります。その結果、光熱費を下げ、省エネにつながります。

創エネ

太陽光発電を設置すれば、さらに省エネ化が行える上、ZEH住宅補助金の対象にもなりさらにお得に。太陽光発電設備をお得に導入できる制度もご紹介しています。(ZEH仕様の家には太陽光発電とHEMSの設置が必須です)

[インタビュー動画]丹澤工務店の考える家づくり

冬暖かく、夏涼しい家

魔法瓶のような高い断熱性、 家の中の温度差が少ない暮らし。住まいの断熱性を高めると 家の中での温度差が少なくなります

家族みんなが笑顔の家家中が暖かい住まいは健康の改善につながります。

冬のリビング、エアコンで快適な室内も、廊下やトイレは寒く感じるのではないでしょうか。この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけではなく、ご家族の健康にも影響を及ぼします。そんな、家の中の温度差を少なくするには、住まいの機密・断熱性能を高めることが大切です。
住まいの断熱性と健康についても、専門で研究されている近畿大学の岩前教授の協力を得て、スーパーウォールの家にお住まいの方を対象とした健康アンケートを行いました。スーパーウォールの家に暮らしてから、ご家族の健康状態がどのように変化したかを調査したところ、さまざまな項目で、以前の暮らしより健康状態が改善したという回答を数多くいただきました。特に健康全般における改善は80%を超える驚くべき結果に。冬でも家中が暖かい、気密・断熱性の高さが健康改善に効果的であることが実証されました。

窓やドアの断熱・遮熱がポイント

一般住宅において、熱の出入りが最も多いのは、窓や玄関ドアなどの開口部です。冷暖房による熱を逃さず、少ないエネルギーで効率よく快適に過ごすためには、開口部の断熱性を高めることが重要に。スーパーウォールの家では、高断熱サッシ・玄関ドアを採用し、断熱対策を行っています。

冬は太陽光を取り込み、夏は遮る。日射のコントロールが重要です。

太陽の光や熱を暮らしに活かすことも、快適な住まいづくりの大切なポイントです。冬は暖かな日差しをたっぷり取り込み、夏は強い日差しを遮る工夫を行うことを基本に、季節や時間による太陽の硬度や建物の方位、日射量を考慮し、採光計画を立てることが重要です。

24時間計画換気システム

計画換気システムで24時間、健やかな空気を保つ。空気のよどみを少なくすることもカビ・ダニの繁殖を抑えるために大切です。

家族みんなが笑顔の家冬場の過乾燥や夏場の湿気から、快適な室内環境を保ちます。

新型コロナウィルスやインフルエンザウィルス、PM2.5(微小粒子状物質)などによる大気汚染、カビ・ダニ、花粉といったアレルゲンの対策など、空気環境に注目が集まる中で、住まい全体の通風など、計画的な換気に目を向けることも必要です。室内の空気環境を清浄化することは、ご家族の健康のために重要なポイントです。
家族や住まいの健康を害する、カビ・ダニの発生は空気のよどみも原因のひとつになると言われています。気密性を高め、隙間を少なくすることで、外気とともに出入りするホコリや花粉などを大幅にカット。また、計画換気システムの採用により、住まいの隅々にゆるやかな空気が流れ、空気のよどみが少なくなり、カビ・ダニの繁殖を抑えることが期待できます。

住まいの条件などに合わせて選べる計画換気システム。

計画換気システムには、大きく分けて廃棄のみを行う第3種換気と給排気を機械で行う第1種換気があります。スーパーウォールの家では、第3種換気として排気のみダクトを使用するタイプ「けいざい君」とダクト配管が不要のタイプ「すっきり君」を、第1種換気として熱交換型のダクト式換気システム「ECOAIR85」「ECOAIR90」をご用意。建物の特徴や条件に合わせて選択することが可能です。住まいの省エネ性を高めたい場合は、熱交換型の計画換気システムをおすすめしています。

春や秋など季節のよい時期は自然の風を取り入れて心地よく。

スーパーウォールの家では、一年を通して計画換気システムの使用を基本としていますが、春や秋など季節の良い時期は、自然の風を取り入れて心地よく暮らすことをおすすめしています。自然の風を取り入れるには、周辺の地形や住環境を把握し、海風、川風、山から吹き降ろす風、周辺の住宅やマンションなどの建物の配置を考慮し、通風計画を立てることが大切です。

■風をさそう
自然の風を誘うには、風や空気の特性を上手に利用することが必要です。たとえば、温度の違いによって空気の流れをつくる「温度差換気」は、暖かい空気が上昇する特性を活かした通風方法です。

■風を捕まえる
風の向きに合わせて窓を設けても、周辺の建物の影響で思うように風が通らない場合があります。そんな場合は、縦すべり窓を使う工夫で、家の脇を通り抜ける風を捕まえることができます。

■風で冷やす
水場や植栽などを生かすことも効果的です。敷地の緑化は照り返しを防ぎ、葉の蒸散作用で空気の温度を下げることができます。また、池や水盆にも水の気化熱で風を冷やす効果があります。

自然災害から家族を守る

耐震等級3の設計で大規模な地震に備える。地震の揺れを最小限に抑える制震仕様パネルもご用意

くり返しの地震に強い建物の変形量を最大約1/2に低減*

南海トラフ地震や首都直下型地震など、巨大地震の発生が予測される近年、自然災害は地震ばかりではなく、大型台風や竜巻も頻発しています。ご家族や大切な財産を守るためには、住まいづくりにおける災害への備えをさまざまな角度から行うことが求められています。
制震でない住宅は、大きな地震に遭った後、揺れの回数が増えるごとに建物の変形が大きくなります。それに比べて制震住宅は、何度揺れが来ても変形が進みにくく、本震だけでなく、くり返しの揺れ、余震にも強さを発揮します。
地震による建物の揺れ幅の比較では、制震でない住宅に比べ、制震住宅の揺れ幅はおよそ1/2、制震でない住宅が40mm変形して筋かいが折れるのに対し、制震住宅は約20mmの変異で壁紙が破れる程度の被害という実験結果となりました。
*プランや地震の揺れによって、変形量の低減は異なります。

地震の揺れを最小限に抑える制震仕様パネル

高耐震の住まいとして、誕生以来、さまざまな地震から暮らしの安心を守り続けてきたスーパーウォールの家。そのさらなる安心・安全のために、揺れを抑える機能を取り入れた制震仕様パネル開発。大きな地震、くり返す余震から、ご家族や大切な財産をしっかりと守ります。
住宅の耐震性を高めるためには、耐力壁をバランス良く配置することが重要です。高性能スーパーウォールパネルは、構造用合板OSBと断熱材を一体化し、建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現。壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することが可能になります。また、一般在来の家の壁(筋かいによる5倍相当仕様)と比べても壊れにくく、変形量も筋かいの半分であることが耐力試験で確認されています。

PAGE TOP