Scroll

Column

May 30, 2023  |   住まいの知識

光熱費の削減に効果的!高気密高断熱住宅の秘密とは?Ua値を徹底解説

光熱費の削減に効果的!高気密高断熱住宅の秘密とは?Ua値を徹底解説

高気密高断熱の住宅を建てる際に注目されるのが「UA値」です。

UA値は建物の断熱性能を示す指標であり、エネルギー効率の向上や快適な室内環境の確保に寄与します。

本記事では、UA値の意味や計算方法、低いUA値の住宅のメリット、適切なUA値の目安、そしてUA値を低くする方法について詳しく解説します。高い断熱性能を持つ住宅を建てる際の参考にしてください。

Ua値とは

UA値とは、建物の外皮(外壁、屋根、床など)の熱損失を表す指標です。UA値が小さいほど断熱性能が高くなります。UA値は「熱貫流率」と「外皮の面積」の積で計算され、単位は「W/m²K(ワット毎平方メートル・ケルビン)」です。

Ua値の単位とは?

UA値の単位である「W/m²K」は、外皮の面積1平方メートルあたりにおける1℃の温度差による熱損失量を示しています。UA値は外皮の面積を熱貫流率で除した値として計算されます。熱貫流率は材料の熱伝導率や厚さ、構造によって異なります。

熱貫流率は熱の伝わりやすさを表す指標であり、断熱材の性能に影響を受けます。一般的に、熱貫流率が低いほど断熱性能が高くなります。

Q値とUa値の違い

Q値も断熱性能を示す指標ですが、現在はUA値が一般的に使用されています。Q値は熱貫流率の逆数であり、大きいほど断熱性能が高いことを示します。しかし、Q値の単位は「W/K(ワット毎ケルビン)」であり、UA値の単位とは異なります。

 Q値は日本固有の断熱性能の指標であり、国際的な基準には適合していません。そのため、現在はUA値が一般的に使用されています。

Ua値が低い住宅を建てるメリット

光熱費の削減が可能

UA値が低い住宅は、断熱性能が高いため光熱費を削減できます。高い断熱性能により、外部からの熱の侵入や室内からの熱の漏れが抑えられ、冷暖房のエネルギー消費量が減少します。

同じ室温に設定していても夏は涼しく、冬は暖かい

UA値が低い住宅は、外部からの熱の侵入を防ぐため、夏場でも涼しく、冬場でも暖かい環境を実現できます。

しかし、UA値が低いだけでは十分ではありません。パッシブデザインの要素(日射利用や自然換気など)と組み合わせることで、さらに快適な環境を実現できます。

なお、パッシブデザインを採用しない場合、夏は熱がこもってしまい、快適性が損なわれる可能性があります。

結露防止になる

UA値が低い住宅は、外部からの冷気の侵入を抑え、室内の温度差による結露を防止できます。結露が発生しないため、カビやダニの発生リスクを低減し、健康的な住環境を維持することができます。

シックハウス症候群とは、建物内部において化学物質や微生物などの有害物質が蓄積し、健康被害を引き起こす症状のことを指します。結露による湿気やカビの発生が原因となることもあります。

Ua値はどの程度の値が良いのか?

地域によって適切な断熱性能は異なる

地域の気候条件によって、適切なUA値は異なります。

寒冷地ではUA値を低くすることで保温性を高める必要がありますが、温暖な地域ではUA値を適度に設定することで、冷房時の室内の適切な温度を保つことが重要です。

東京の適切なUA値はどの程度か

東京では、省エネ基準に基づき適切なUA値が定められています。

具体的な値は基準の改定によって変動するため、最新の基準を確認する必要があります。一般的にはUA値が0.46W/m²K以下を目指すことが望ましいとされています。

Ua値のグレードはどの程度か?

UA値のグレードは、建物の断熱性能を評価する指標です。具体的なグレードは基準や評価方法によって異なりますが、一般的にはUA値が0.5W/m²K以下であれば優れた断熱性能を持つとされます。

Ua値を低くする方法

内壁の断熱性能よりも外壁の断熱性能を重要視する

UA値を低くするためには、外壁の断熱性能を重要視する必要があります。適切な断熱材を外壁に施し、断熱効果を高めることで熱損失を抑えることができます。

床下の断熱を『基礎断熱』にする

床下の断熱もUA値を低くするために重要です。基礎部分に断熱材を施すことで、地中からの熱の侵入や床下の冷気の流入を防ぎます。

これにより、室内の断熱性能を向上させることができます。

玄関ドア、窓のグレードを上げる

UA値を低くするためには、玄関ドアや窓の断熱性能を向上させることも重要です。二重窓やLow-Eガラスなどの高性能な建材を使用することで、熱の逃げを抑え、断熱性能を向上させることができます。

玄関ドアや窓の断熱性能は6つあります。
これは「K2・K3・K4」、「D2・D3・D4」があり、数字が小さくなるほど性能が上がります。

断熱性能におけるKとDの違いについて

K・・・YKK AP株式会社が製造している玄関ドア
D・・・株式会社LIXILで製造している玄関ドア

熱の放出が最も起こる場所は「玄関」と「窓」です。
断熱性能を上げるためにも、玄関ドアと窓のグレードを上げることが必要になるでしょう。

まとめ

高気密高断熱の住宅を建てる際には、UA値の低さが重要です。UA値が低い住宅は光熱費の削減、快適な室内

環境の実現、結露の防止などのメリットがあります。地域によって適切な断熱性能は異なるため、東京を例に適切なUA値の目安を示しました。また、外壁の断熱性能や基礎断熱、玄関ドアや窓のグレードの向上など、UA値を低くするための方法も紹介しました。高気密高断熱の住宅を建てることで、快適で省エネな暮らしを実現しましょう。

Contact Form →

資料請求・ご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

Tel.042-623-8700 /
Fax.042-622-5307

Works

Event

  • 完成見学会

    Open House

    完成見学会

    5月18日(土)、5月19日(日)upcoming

    More
  • 無料個別相談会

    Consultation Meeting

    子育て世代の時間とお金を解決

    無料個別相談会

    More
View All

News

  • Jan 06, 2022

    新年あけましておめでとうございます

    本日1月6日より営業再開となります。

    営業時間は、

    AM9:00〜PM5:00(水曜定休)

     

    新築、リフォームのご相談は、お電話もしくはお問い合わせフォームよりお気軽に♪

    042‐623‐8700

     

     

  • Dec 28, 2021

    年末年始のお知らせ

    2021年12月29日〜2022年1月6日まで

    休業とさせていただきます。

    良いお年をお迎えください。

     

  • Nov 02, 2021

    ライフスタイルブランド「T+(ティープラス)」始動

    T+(ティープラス)は、暮らしに寄り添う丹澤工務店の想いのもと生まれた、
    ライフスタイルブランド。

    さりげない日常もキラッと輝かせる暮らしへ、
    さまざまなアイデアを通じてアップデート。

    【ロゴについて】

    T+の「+」には、いついかなる場合でも、
    価値を自ら見出し、目の前のひとりを大切に
    みんなで前向きに進んでいこうよ!
    という価値創造の意味を込めています。

    また、コンセプトにもあります
    “さりげない日常がキラッと輝くアイデアを” を元に、
    「+」をキラッと見えるよう作成いたしました。

    T+の活動はまだまだ始まったばかりですが、
    皆さまと さまざまなアイデアをかけ合わせ、
    目の前のひとりから、そして八王子から日本へ、
    また世界へ、笑顔が広がりますように
    願いを込めて、、走り続けます。

    今後ともご指導、ご鞭撻のほど
    何卒宜しくお願い申し上げます。

    T+ by Tanzawa builder

     

  • Oct 06, 2021

    八王子の暮らし

    八王子の暮らし

    自然豊かな八王子は
    四季折々の植物と
    景観を楽しむことができます。
    私が大好きで幸福感に満たされる
    ライフスタイルのひとつに、
    浅川沿いの夕方散歩があります♪
    夕日を見るために、
    夕飯の支度を早めに始めたり、
    いろんな段取りをして。
    暮らしを楽しんでいます。
    ゆっくりと、健やかに。

  • Oct 03, 2021

    家づくり教室 資金計画編

    10月16日(土)・17日(日)
    10:00〜 / 13:00〜
    各時間1組様限定
    参加無料
    駐車場・キッズスペースあり
    丹澤工務店ショールーム (リノベ前)
    住所: 八王子市長房町1391-1 (多摩御陵参道沿い)

    家づくりにおいて、無視できないお金のこと。
    将来も見据えた無理のない資金の計画を。
    税金対策、補助金の活用方法など、お得な情報をわかりやすくお伝えします。

    お申し込み

View All